イエスのたとえ話27 邪悪な時代 マタイ22:1-14

イエスのたとえ話27 邪悪な時代 マタイ22:1-14

11月2日     邪悪な時代(イエスのたとえ話27)

             マタイ22:1~14

A 邪悪な時代はその邪悪さを自覚しない
  ○イエスに酷評されたユダヤ教指導者は尊敬の的(マタイ23:2, 7)
  ○知識の深さ、厳格なライフスタイル(ガラテヤ2:11~14)

B イエスの律法学者・パリサイ人批判のポイント
  ○彼らが何を主張したかではない(マタイ23;3)
  ○偽りの父から始まる偽りの系譜(ヨハネ8:31~44)
  ○指導者が最も大きな救いの妨げとなる(マタイ21:42, 23:15)

C 神のことばを聞いてそれを守る人たちの幸い
  ○幸いなのは神のことばを聞いてそれを守る人たち(ルカ11:28)
  ○個人が特定の団体への所属をもって承認することなどない
     →家族や肉親でさえひとくくりとは見なさない(マタイ12:46~50)

D 邪悪な時代が求める「しるし」と「不思議」
  ○イエスは「型」や「影」ではなく「本質」であり「実体」
  ○イエスを見たものは父を見た(ヨハネ14:7,9)
  ○日々みことばを味わうことがイエスと出会うこと(ヨハネ6:63)
  ○ヨナやソロモンに劣ると見えた人間イエス(マタイ12:41~42)

E 変貌の山で3人の弟子が見たもの 
  ○神の栄光を完全に現すのは誰か(ヘブル1:3)
  ○神と人との仲介者は誰か(Ⅰテモテ2:4)
  ○神が満足するのは誰か(マタイ17:5)

F 邪悪な時代に必要なことは
  ○みことばを聞いて逆らうといっそう悪くなる(マタイ12:43~45)
  ○人に惑わされないこと(マタイ24:4)
      →大事なのは新しい創造(ガラテヤ6:15)
  ○悔い改めが求められている(マルコ1:1~2,15)
      →悔い改めが福音の根を支える(使徒17:26~31)
  ○バプテスマのヨハネに「しるし」も「不思議」もない
投稿者 emi 時刻: 16:33
[PR]
by kakosalt | 2013-05-11 10:23 | イエスのたとえ話 | Comments(0)

Saltによる聖書のメッセージ