ダビデの生涯と詩編12 ダビデの人口調査
Ⅱサムエル23~24章
          
A 人口調査は罪なのか
  ○荒野をさまよった前後の人口調査(民数記1:2,26:2)
  ○イエスのたとえ話(ルカ14:28~32)
  ○主がダビデを動かした(Ⅱサムエル21:4)
  ○サタンがダビデを誘い込んだ(Ⅰ歴代誌21:1)
  ○主の許しを得てヨブに災いをくだすサタン(ヨブ1:12)
  ○イエスは御霊に導かれて誘惑を受けた(マタイ4:1)

B 祝福の中心は何か
  ○主が怒りを燃え上がったのは、人口を数えたからではない(Ⅱサムエル24:1)
  ○祝福の中で神を忘れたダビデとイスラエル(ホセア13:5~6)
  ○祝福の中心は神御自身であり、その周辺部は宗教的御利益
  ○御利益を求める者には落とし穴や袋小路が仕掛けられている

C キリストの影
  ○人が心奮わせ涙を流すのは実は知るも知らぬも「キリストの影」
  ○祝福の中には「キリストの影」がある
  ○世を遠ざけ、世に怯え、世に媚びるのはあるべき姿ではない
  ○クリスチャンの責務はキリスト御自身を明らかにすること

D 力や栄光を数値化することの弊害
  ○ダビデの三勇士(Ⅱサムエル23:14~17)
  ○王は軍勢の多いことによっては救われない(詩編33:13~22)

E 主の手に陥ることを選択したダビデ
  ○7万人の民が疫病で死んだのはただダビデのせいではない
  ○ニネベに遣わされたヨナ
  ○ソドムをとりなしたアブラハム
  ○日本のために祈る祭司、語る預言者として
投稿者 emi 時刻: 7:22

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-25 21:11 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(1)

ダビデの生涯と詩篇11 ダビデとアブシャロム
Ⅱサムエル16~19章
          
A 王の食卓の実際
  ○異母兄弟家庭
  ○恵まれた退屈がアムノンを生む
  ○「義」と「愛」・「恵」と「まこと」の両立は難しい
  ○「立場」と「状態」を埋める信仰
  ○信仰を培うための刈り取り

B ダビデの葛藤
  ○自分の罪を赦せない→他者に対する曖昧な態度や偽の寛容さ
  ○家族をおさめることの難しさ→近い人間関係ほど難しい

C ヨアブ
  ○有能な軍人(Ⅰ歴代誌11:6)
  ○ダビデの命令を守り、躊躇せずウリヤを殺す
  ○「自分も明日はウリヤのように殺されるかも知れない」という不安
  ○アブシャロムに対する共感(アサエルを殺されたアブネルへの憎しみ)
  ○ダビデとアブシャロムとの和解をとりもつ→アブシャロムへの乗り換えを図る

D アフィトフェル
  ○有能な議官(Ⅱサムエル15:12)(Ⅱサムエル16:23)
  ○知恵に満ちた進言(Ⅱサムエル16:21)は、預言を成就させる
(Ⅱサムエル12:11~12)
  ○アブシャロムがアフィトフェルの進言を退けて、
滅びを招く(Ⅱサムエル17:1~3)が、
これはダビデの祈りの成就(Ⅱサムエル15:31)であり、
     神のみこころ(Ⅱサムエル17:14)
  ○詩編38編に見られるダビデの態度と運命の明暗を分けた鍵
  ○アフィトフェルは、イエスを裏切ったユダの型

E アブシャロムの最期
  ○長所やプライドがつまずきとなる(Ⅱサムエル18:9)
  ○ダビデの悲しみ(Ⅱサムエル18:33~19:1)に見る
   イエスを裁く御父の心(マタイ27:4~5)
投稿者 emi 時刻: 20:50

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-24 21:56 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編10 罪を刈り取るダビデ
Ⅱサムエル13~15章   
       
A 神の祝福を受けるということ 
  ○祝福は御利益ではない(ラッキーなことの連続や順風満帆の歩みではない)
  ○神の祝福は繊細で奥深い→私たちの願いではなく神の人格にふさわしい
  ○神の祝福は教育的、建設的、系統的、具体的(エレミヤ29:11)
  ○刈り取りと訓練を理解すること(箴言19:3)
  ○苦しみからの学び(詩編119:67.71.74)

B ダビデの失敗
  ○複数の妻は「信仰によって」ではなく「当時の習慣によって」得  たもの
  ○男女の関係は単なる道徳ではない→キリストと教会のモデル
  ○目に見えない神への信仰は目に見える人間関係に表れる

C バテ・シェバをめぐる三角関係とその結果
  ○第1子の死と第2子の祝福(Ⅱサムエル12:15~23)
  ○アムノンのタマル陵辱(Ⅱサムエル13:1~21)
  ○アブシャロムによるアムノン殺害(Ⅱサムエル13:23~27)
  ○アブシャロムの謀反(Ⅱサムエル15:1~12)

D 苦しみの中でダビデが学んだこと
  ○主が中心であるということ→神の箱は何処に
  ○主のみこころがなるということ→自分の願いや力や計画ではない
  ○主の御人格の深さ→そのいつくしみときびしさと・・・(Ⅱサムエル15:25~26)

E 詩編にみるダビデの信仰と霊的モデル
  ○詩編31:9~13
  ○詩編55:12~15
  ○詩編88:13~18
  ○詩編3編
投稿者 emi 時刻: 16:55

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-23 23:42 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編9 ダビデとバテ・シェバ
Ⅱサムエル11章 
           
A いちじくの葉から皮の衣へ
  ○腰をおおう
  ○いちじくの葉・・・一時的 人の努力や取り繕い(創世記3:7)
  ○皮の衣・・・・・・永遠 神の恩寵と血の贖い(創世記3:21)

B 汚された結婚
  ○壊れた結婚のかたち→罪に墜ちたのは結婚の後
  ○夫と妻はキリストと教会のモデル(エペソ5:31~32)
  ○「模型」(ヘブル9:24)「型」(ヘブル11:9)と「実体」
  ○「影」(ヘブル10:1)と「実物」

C 夫と妻の関係はキリストと教会の関係を反映する
  ○からだの権利は相手にある→一対一対応(Ⅰコリント7:4)
  ○離れている場合も合意が必要→ともにいるのが原則(Ⅰコリント7:5)
  ○夫や妻が第一ならそれは世のこと→神が第一

D 偶像礼拝は一対多対応
  ○対象ではなく、欲望中心→愛は交換不可能 
  ○放蕩の裏表→ダビデの失敗もペテロの裏切りと同様のひとつのモデル
(ルカ15:29)
  
E ダビデの罪
  ○怠惰(Ⅱサムエル11:1~2)
  ○姦淫(3~5)
  ○ごまかし(6~11)
  ○人殺し(14~21)
  ○すべてはキリストから目を離した結果・・・すべてのポイントから引き返せた

F 葛藤と贖いそして赦しと刈り取り
  ○詩編51編
  ○アブシャロム(Ⅱサムエル15:1~5)
  ○第一の子どもの死、第二の子どもソロモン
  ○すべてを覆う神の摂理
投稿者 emi 時刻: 9:57

More
[PR]
by kakosalt | 2009-09-13 22:52 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編 8 ダビデとメフィボシェテ
 Ⅱサムエル23~24章
          
A 人口調査は罪なのか
  ○荒野をさまよった前後の人口調査(民数記1:2,26:2)
  ○イエスのたとえ話(ルカ14:28~32)
  ○主がダビデを動かした(Ⅱサムエル21:4)
  ○サタンがダビデを誘い込んだ(Ⅰ歴代誌21:1)
  ○主の許しを得てヨブに災いをくだすサタン(ヨブ1:12)
  ○イエスは御霊に導かれて誘惑を受けた(マタイ4:1)

B 祝福の中心は何か
  ○主が怒りを燃え上がったのは、人口を数えたからではない(Ⅱサムエル24:1)
  ○祝福の中で神を忘れたダビデとイスラエル(ホセア13:5~6)
  ○祝福の中心は神御自身であり、その周辺部は宗教的御利益
  ○御利益を求める者には落とし穴や袋小路が仕掛けられている

C キリストの影
  ○人が心奮わせ涙を流すのは実は知るも知らぬも「キリストの影」
  ○祝福の中には「キリストの影」がある
  ○世を遠ざけ、世に怯え、世に媚びるのはあるべき姿ではない
  ○クリスチャンの責務はキリスト御自身を明らかにすること

D 力や栄光を数値化することの弊害
  ○ダビデの三勇士(Ⅱサムエル23:14~17)
  ○王は軍勢の多いことによっては救われない(詩編33:13~22)

E 主の手に陥ることを選択したダビデ
  ○7万人の民が疫病で死んだのはただダビデのせいではない
  ○ニネベに遣わされたヨナ
  ○ソドムをとりなしたアブラハム
  ○日本のために祈る祭司、語る預言者として
投稿者 emi 時刻: 7:22

More
[PR]
by kakosalt | 2009-08-30 21:55 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編 7 神の箱とダビデ
 Ⅱサムエル6章 Ⅰ歴代誌13~16章
           
A 神の箱とは
   神の臨在にポイントが置かれた表現(ヨシュア記以降)
    「契約の箱」・「あかしの箱」・「主の箱」
  ○ モーセの時代に作られ、至聖所におかれた
  ○ アカシヤ材に金をかぶせて作られている(ちょうど日本の御輿のようなかたち)
  ○ 中には十戒の石板 アロンの杖 マナのつぼ
  
B ダビデの思惑
  ○ エルサレムを統一イスラエルの首都として、政治と礼拝の拠点にしたい
  ○ 神の箱の運搬で祝福を手中にしたい。(自分はサウルとは違う)
  ○ 代表者たち、会衆の同意を得て、劇的に演出したい
  ○ 神にも認めていただける みこころに違いない

C ウザの割り込み
  ○ 神の箱はずっとウザの家にあった
  ○ ウザが物理的に触ったことが問題ではない
  ○ どうして牛はよろめいたのか
  ○ ウザの割り込みは地名になって事件は語りつがれた
  ○ 神の怒りの対象

D ダビデの悔い改め
  ○ 私はどうして私のところに神の箱をお運びできましょうか(Ⅰ歴代誌13:12)
  ○ レビ人のケハテ族しか運搬にたずさわる事は出来ない(民数記4:15)
  ○ 肩に担がねばならない(民数記7:9)
  ○ 私たちがこの方を定めのとおりに求めなかったから(Ⅰ歴代誌15:13)
  ○ あなたのみわざを静かに考えよう(詩編77:4~12)
      
E 踊るダビデ
  ○ 力の限り踊ったダビデ・・・かたちにとらわれない自由な礼拝
  ○ 6歩進んだときに生贄・・・不完全な歩みを赦す贖い
  ○ 亜麻布のエポデ・・・王としてではなく、一礼拝者としての賛美
投稿者 emi 時刻: 20:58

More
[PR]
by kakosalt | 2009-07-05 21:30 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(1)

ダビデの生涯と詩編6 ダビデ王の誕生とその周辺
 Ⅱサムエル1~4章           
A 登場人物
  ○サウル・・・・・・・・イスラエルの初代王。
              ペリシテとの闘いで悲惨な最期をとげる。

  ○イシュ・ボシェテ・・・サウルの息子。
              サウル亡き後王位を継承するが、アブネルの傀儡。
            
  ○アブネル・・・・・・・サウルの将軍。
              ヨアブの弟アサエルを殺し、ダビデとの講和を求めるが、
              交渉半ばでヨアブに殺される。

  ○ヨアブ・・・・・・・・ダビデの将軍。
              弟アサエルを殺されたことに恨みを持ちアブネルを殺す。

  ○アサエル・・・・・・・足の速いヨアブの弟。
              内戦においてアブネルを執拗に追い、返り討ちにあって戦死。

  ○ミカル・・・・・・・・サウルの娘でダビデの元妻。
              イスラエルとの和平の条件として取り戻す。   

B ダビデとその周辺人物の違い
 1 ダビデは羊・・・・・・自分の力で獲物を追う
 2 獅子や狼ではない。
         主の養いによって保たれ、羊飼いを求めていた。
  ○ダビデの遺言・・・・・ヨアブを殺せ(Ⅰ列王2:1~6)

C ふたつの詩編に綴られたダビデの心
  1 詩編37編・・・・・・あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。 
               主が成し遂げてくださる。(5
               主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。
               おのれの道の栄える者に対して、悪意を遂げようとする人に対
               して、腹を立てるな。(6)
  2 詩編145編・・・・・すべての道 すべてのみわざ (17)
投稿者 emi 時刻: 19:11

More
[PR]
by kakosalt | 2009-06-14 19:52 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編5 主によって奮い立つダビデ

Ⅰサムエル27~30章

A サウルは神秘体験が豊か
 ○預言者の一団と出会って激しく預言の霊を受ける
                (Ⅰサムエル10:10~12)
 ○ダビデの出現によって悪い霊の影響を受ける
                (Ⅰサムエル18:10~11,19:8~10)
 ○預言の霊を受け、裸で倒れる(Ⅰサムエル28:3~20)

B ダビデは霊の人・サウルは肉の人
 ○黙っていても心が違う(Ⅰサムエル10:25~27)
               (詩編37:7,39:7~9)
 ○御霊の実はイエスの人格の表面化(ガラテヤ5:16~25)
           The fruit of the Spirit【KJV】
 ○ダビデとサウルの対立は必然
   
C 主の不思議な配剤①
         (Ⅰサムエル29章)
 ○ダビデに押し迫った厳しい状況
 ○ペリシテ首長たちの反対によって救われる
   
D 主の不思議な配剤②
         (Ⅰサムエル30章)
 ○町を焼き払われ女たちを奪われる
 ○味方からもいのちを狙われる
 ○主によって奮い立つ
 ○案内役のエジプト人

E イエスの苦しみ
 ○サウルの苦しみとダビデの苦しみ
 ○ダビデの苦しみとイエスの苦しみ(詩編31:9~22)
投稿者 emi 時刻: 9:36

More
[PR]
by kakosalt | 2009-05-10 21:12 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩篇4
[PR]
by kakosalt | 2009-03-20 21:05 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編3  いのちを狙われるダビデ
 Ⅰサムエル18:1~21:15

A ねたみは罪の王様
  ○サウルは千を打ち、ダビデは万を打った(Ⅰサムエル18:6~9)
  ○イエスはねたみによって十字架にかけられた(マルコ15;10)
  ○サウルの思考や行動のパターンは私たちの古い性質

B いのちを追われるダビデの心情
  ○私に立ち向かう者が届かぬほど・・・・・(詩編59:1)
  ○私を見守る神 神を見守る私・・・・・・(詩編59:9)
  ○私には咎がないのに・・・・・・・・・・(詩編59:4)
 
C ダビデの恐れ
  ○ダビデはアキシュを恐れた(Ⅰサムエル21:12)
  ○ダビデは狂人を装った(Ⅰサムエル21:12~15)
  ○聖書は「聖人」を描かない→「聖人」はキリスト教の創作
  ○「恐れのある日に」(詩編56:1~4)
  ○「私の涙をあなたの皮袋にたくわえてください」(詩編56:8)
  
D 主はともにおられる
  ○人生の中で味わう様々な理不尽の中で十字架の本質に触れる
  ○ダビデの苦しみは十字架への道行きの下見
    (Ⅰサムエル21:1~6)(マタイ12:2)
 
E それゆえダビデはつまずくことを恐れない
  ○「光のうちに」(詩編56:13)
  ○「光の方へ」(ヨハネ3:20~21)
投稿者 emi 時刻: 7:01

More
[PR]
by kakosalt | 2009-03-01 20:57 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

Saltによる聖書のメッセージ