ダビデの生涯と詩篇4
[PR]
by kakosalt | 2009-03-20 21:05 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編3  いのちを狙われるダビデ
 Ⅰサムエル18:1~21:15

A ねたみは罪の王様
  ○サウルは千を打ち、ダビデは万を打った(Ⅰサムエル18:6~9)
  ○イエスはねたみによって十字架にかけられた(マルコ15;10)
  ○サウルの思考や行動のパターンは私たちの古い性質

B いのちを追われるダビデの心情
  ○私に立ち向かう者が届かぬほど・・・・・(詩編59:1)
  ○私を見守る神 神を見守る私・・・・・・(詩編59:9)
  ○私には咎がないのに・・・・・・・・・・(詩編59:4)
 
C ダビデの恐れ
  ○ダビデはアキシュを恐れた(Ⅰサムエル21:12)
  ○ダビデは狂人を装った(Ⅰサムエル21:12~15)
  ○聖書は「聖人」を描かない→「聖人」はキリスト教の創作
  ○「恐れのある日に」(詩編56:1~4)
  ○「私の涙をあなたの皮袋にたくわえてください」(詩編56:8)
  
D 主はともにおられる
  ○人生の中で味わう様々な理不尽の中で十字架の本質に触れる
  ○ダビデの苦しみは十字架への道行きの下見
    (Ⅰサムエル21:1~6)(マタイ12:2)
 
E それゆえダビデはつまずくことを恐れない
  ○「光のうちに」(詩編56:13)
  ○「光の方へ」(ヨハネ3:20~21)
投稿者 emi 時刻: 7:01

More
[PR]
by kakosalt | 2009-03-01 20:57 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

Saltによる聖書のメッセージ