ダビデの生涯と詩編 7 神の箱とダビデ
 Ⅱサムエル6章 Ⅰ歴代誌13~16章
           
A 神の箱とは
   神の臨在にポイントが置かれた表現(ヨシュア記以降)
    「契約の箱」・「あかしの箱」・「主の箱」
  ○ モーセの時代に作られ、至聖所におかれた
  ○ アカシヤ材に金をかぶせて作られている(ちょうど日本の御輿のようなかたち)
  ○ 中には十戒の石板 アロンの杖 マナのつぼ
  
B ダビデの思惑
  ○ エルサレムを統一イスラエルの首都として、政治と礼拝の拠点にしたい
  ○ 神の箱の運搬で祝福を手中にしたい。(自分はサウルとは違う)
  ○ 代表者たち、会衆の同意を得て、劇的に演出したい
  ○ 神にも認めていただける みこころに違いない

C ウザの割り込み
  ○ 神の箱はずっとウザの家にあった
  ○ ウザが物理的に触ったことが問題ではない
  ○ どうして牛はよろめいたのか
  ○ ウザの割り込みは地名になって事件は語りつがれた
  ○ 神の怒りの対象

D ダビデの悔い改め
  ○ 私はどうして私のところに神の箱をお運びできましょうか(Ⅰ歴代誌13:12)
  ○ レビ人のケハテ族しか運搬にたずさわる事は出来ない(民数記4:15)
  ○ 肩に担がねばならない(民数記7:9)
  ○ 私たちがこの方を定めのとおりに求めなかったから(Ⅰ歴代誌15:13)
  ○ あなたのみわざを静かに考えよう(詩編77:4~12)
      
E 踊るダビデ
  ○ 力の限り踊ったダビデ・・・かたちにとらわれない自由な礼拝
  ○ 6歩進んだときに生贄・・・不完全な歩みを赦す贖い
  ○ 亜麻布のエポデ・・・王としてではなく、一礼拝者としての賛美
投稿者 emi 時刻: 20:58

More
[PR]
by kakosalt | 2009-07-05 21:30 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(1)

Saltによる聖書のメッセージ