ダビデの生涯と詩編9 ダビデとバテ・シェバ
Ⅱサムエル11章 
           
A いちじくの葉から皮の衣へ
  ○腰をおおう
  ○いちじくの葉・・・一時的 人の努力や取り繕い(創世記3:7)
  ○皮の衣・・・・・・永遠 神の恩寵と血の贖い(創世記3:21)

B 汚された結婚
  ○壊れた結婚のかたち→罪に墜ちたのは結婚の後
  ○夫と妻はキリストと教会のモデル(エペソ5:31~32)
  ○「模型」(ヘブル9:24)「型」(ヘブル11:9)と「実体」
  ○「影」(ヘブル10:1)と「実物」

C 夫と妻の関係はキリストと教会の関係を反映する
  ○からだの権利は相手にある→一対一対応(Ⅰコリント7:4)
  ○離れている場合も合意が必要→ともにいるのが原則(Ⅰコリント7:5)
  ○夫や妻が第一ならそれは世のこと→神が第一

D 偶像礼拝は一対多対応
  ○対象ではなく、欲望中心→愛は交換不可能 
  ○放蕩の裏表→ダビデの失敗もペテロの裏切りと同様のひとつのモデル
(ルカ15:29)
  
E ダビデの罪
  ○怠惰(Ⅱサムエル11:1~2)
  ○姦淫(3~5)
  ○ごまかし(6~11)
  ○人殺し(14~21)
  ○すべてはキリストから目を離した結果・・・すべてのポイントから引き返せた

F 葛藤と贖いそして赦しと刈り取り
  ○詩編51編
  ○アブシャロム(Ⅱサムエル15:1~5)
  ○第一の子どもの死、第二の子どもソロモン
  ○すべてを覆う神の摂理
投稿者 emi 時刻: 9:57

More
[PR]
by kakosalt | 2009-09-13 22:52 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

Saltによる聖書のメッセージ