<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ダビデの子

ダビデの子
[PR]
by kakosalt | 2013-02-26 21:45 | トピカル | Comments(0)

イエスのたとえ話1 人間をとる漁師にしてあげよう

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-26 21:43 | イエスのたとえ話 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編12 ダビデの人口調査
Ⅱサムエル23~24章
          
A 人口調査は罪なのか
  ○荒野をさまよった前後の人口調査(民数記1:2,26:2)
  ○イエスのたとえ話(ルカ14:28~32)
  ○主がダビデを動かした(Ⅱサムエル21:4)
  ○サタンがダビデを誘い込んだ(Ⅰ歴代誌21:1)
  ○主の許しを得てヨブに災いをくだすサタン(ヨブ1:12)
  ○イエスは御霊に導かれて誘惑を受けた(マタイ4:1)

B 祝福の中心は何か
  ○主が怒りを燃え上がったのは、人口を数えたからではない(Ⅱサムエル24:1)
  ○祝福の中で神を忘れたダビデとイスラエル(ホセア13:5~6)
  ○祝福の中心は神御自身であり、その周辺部は宗教的御利益
  ○御利益を求める者には落とし穴や袋小路が仕掛けられている

C キリストの影
  ○人が心奮わせ涙を流すのは実は知るも知らぬも「キリストの影」
  ○祝福の中には「キリストの影」がある
  ○世を遠ざけ、世に怯え、世に媚びるのはあるべき姿ではない
  ○クリスチャンの責務はキリスト御自身を明らかにすること

D 力や栄光を数値化することの弊害
  ○ダビデの三勇士(Ⅱサムエル23:14~17)
  ○王は軍勢の多いことによっては救われない(詩編33:13~22)

E 主の手に陥ることを選択したダビデ
  ○7万人の民が疫病で死んだのはただダビデのせいではない
  ○ニネベに遣わされたヨナ
  ○ソドムをとりなしたアブラハム
  ○日本のために祈る祭司、語る預言者として
投稿者 emi 時刻: 7:22

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-25 21:11 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(1)

ダビデの生涯と詩篇11 ダビデとアブシャロム
Ⅱサムエル16~19章
          
A 王の食卓の実際
  ○異母兄弟家庭
  ○恵まれた退屈がアムノンを生む
  ○「義」と「愛」・「恵」と「まこと」の両立は難しい
  ○「立場」と「状態」を埋める信仰
  ○信仰を培うための刈り取り

B ダビデの葛藤
  ○自分の罪を赦せない→他者に対する曖昧な態度や偽の寛容さ
  ○家族をおさめることの難しさ→近い人間関係ほど難しい

C ヨアブ
  ○有能な軍人(Ⅰ歴代誌11:6)
  ○ダビデの命令を守り、躊躇せずウリヤを殺す
  ○「自分も明日はウリヤのように殺されるかも知れない」という不安
  ○アブシャロムに対する共感(アサエルを殺されたアブネルへの憎しみ)
  ○ダビデとアブシャロムとの和解をとりもつ→アブシャロムへの乗り換えを図る

D アフィトフェル
  ○有能な議官(Ⅱサムエル15:12)(Ⅱサムエル16:23)
  ○知恵に満ちた進言(Ⅱサムエル16:21)は、預言を成就させる
(Ⅱサムエル12:11~12)
  ○アブシャロムがアフィトフェルの進言を退けて、
滅びを招く(Ⅱサムエル17:1~3)が、
これはダビデの祈りの成就(Ⅱサムエル15:31)であり、
     神のみこころ(Ⅱサムエル17:14)
  ○詩編38編に見られるダビデの態度と運命の明暗を分けた鍵
  ○アフィトフェルは、イエスを裏切ったユダの型

E アブシャロムの最期
  ○長所やプライドがつまずきとなる(Ⅱサムエル18:9)
  ○ダビデの悲しみ(Ⅱサムエル18:33~19:1)に見る
   イエスを裁く御父の心(マタイ27:4~5)
投稿者 emi 時刻: 20:50

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-24 21:56 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ダビデの生涯と詩編10 罪を刈り取るダビデ
Ⅱサムエル13~15章   
       
A 神の祝福を受けるということ 
  ○祝福は御利益ではない(ラッキーなことの連続や順風満帆の歩みではない)
  ○神の祝福は繊細で奥深い→私たちの願いではなく神の人格にふさわしい
  ○神の祝福は教育的、建設的、系統的、具体的(エレミヤ29:11)
  ○刈り取りと訓練を理解すること(箴言19:3)
  ○苦しみからの学び(詩編119:67.71.74)

B ダビデの失敗
  ○複数の妻は「信仰によって」ではなく「当時の習慣によって」得  たもの
  ○男女の関係は単なる道徳ではない→キリストと教会のモデル
  ○目に見えない神への信仰は目に見える人間関係に表れる

C バテ・シェバをめぐる三角関係とその結果
  ○第1子の死と第2子の祝福(Ⅱサムエル12:15~23)
  ○アムノンのタマル陵辱(Ⅱサムエル13:1~21)
  ○アブシャロムによるアムノン殺害(Ⅱサムエル13:23~27)
  ○アブシャロムの謀反(Ⅱサムエル15:1~12)

D 苦しみの中でダビデが学んだこと
  ○主が中心であるということ→神の箱は何処に
  ○主のみこころがなるということ→自分の願いや力や計画ではない
  ○主の御人格の深さ→そのいつくしみときびしさと・・・(Ⅱサムエル15:25~26)

E 詩編にみるダビデの信仰と霊的モデル
  ○詩編31:9~13
  ○詩編55:12~15
  ○詩編88:13~18
  ○詩編3編
投稿者 emi 時刻: 16:55

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-23 23:42 | ダビデの生涯と詩編 | Comments(0)

ひねくれ者のための聖書講座28 終末は週末(ウイークイエンド)

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-15 12:20 | ひねくれ者のための聖書講座 | Comments(0)

ひねくれ者のための聖書講座27 不信の時代の信

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-15 12:17 | ひねくれ者のための聖書講座 | Comments(0)

ひねくれ者のための聖書講座25 原発問題と私たちの罪

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-15 06:23 | ひねくれ者のための聖書講座 | Comments(2)

ひねくれ者のための聖書講座24 神の主権と人権

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-13 22:44 | ひねくれ者のための聖書講座 | Comments(0)

ひねくれ者のための聖書講座23 自殺について③

More
[PR]
by kakosalt | 2013-02-13 20:18 | ひねくれ者のための聖書講座 | Comments(0)

Saltによる聖書のメッセージ